女性の顔の肌トラブル対処法

女性のそばかす、ほくろ、シミ、シワ、ニキビ、乾燥、毛穴、脂、角栓、赤ら顔などの悩みを解決!お肌のトラブル事の最適な対処法と対策を紹介しています。

ほくろを自分で手術して除去

      2016/10/25

ほくろを自分で手術して除去

物心がついたときからほくろの多さに悩んでいましたが、ある時自分で手術をして除去することに成功しました。

方法は単純です。火であぶるなどして、しっかりと消毒した針でほくろの上にある皮をはがし、黒くなっている細胞を掘れるところまで掘る、という原始的なやり方です。針でほっていくと、血液と共に黒いぽろぽろとしたものが出てきて、色素がなくなっていくことを実感します。

しばらくは傷跡が残りますが、完治すると見事にほくろが消えています。何度かはがれるかさぶたは、ほんのりほくろの色素を含んでいて、はがすたびに快感です。完全に除去できない場合もありますが、それでも小さくしたり、薄くしたりすることができました。

一度成功してからいろんな箇所のほくろで試してみましたが、どうやらすべてのほくろが自分でとれるわけではないようでした。ほくろには濃いものと薄いものがあります。
薄い物は黒い色素が皮膚の奥深くに潜んでいるものなので、針でつつくには到達しにくいようです。比較的濃い色のもので実施することをおすすめします。

そしてこのほくろ除去方法は、針で色素を掘り起こした後しばらく傷跡が残ります。掘った後1~2週間はかさぶたが残り、完全に赤みが消えるまで、長いと2~3ヶ月かかることもあります。体質によってはもっと長い期間かかる可能性もあります。初めは目立たない所にある、ごく小さい物でやることをおすすめします。

あくまでも自己責任で実施をお願いします。

 - ほくろ