女性の顔の肌トラブル対処法

女性のそばかす、ほくろ、シミ、シワ、ニキビ、乾燥、毛穴、脂、角栓、赤ら顔などの悩みを解決!お肌のトラブル事の最適な対処法と対策を紹介しています。

肌トラブル、家系だからとあきらめない

      2016/08/19

我が家は、シミ家系

私の家は、父も母も、あろうことか祖先の代から、シミの多い家系です。私も例外なく、30代から、老人性色素斑のオンパレード。
どこかのおばさんのように、シミがぽつぽつできるように。コンシーラーなしでは、とても生きていけませんでした。

レーザー治療

バチンバチンと音のする今では有名なYAGレーザー。昔は高かったのです。それでも、鏡を見る度、毎日ため息をついている自分にうんざりして、とうとう美容外科の門を叩くことに。

テープを貼るなんて

ところが、レーザー治療は、施術してから約1週間は、肌色のテープを、顔に貼るのです。普通の会社員にとって、1週間の休みを連続でとることは、なかなか難しいですよね。
私の場合、連休なんて無理でした。しかも、早くシミをとってしまいたい。施術してから考えよう。そして、次の日、悩んだ挙句、そのまま会社へ行くことに。

笑われる

家を出てから会社に行くまでの間、人の目が気になって仕方がありません。テープを貼ったまま、出勤した私に同僚たちは大笑い。
「何、それ?」「顔にテープって、なんかすごい貧乏くさい。」
「ドラマに出てくる生活に疲れたおばやんみたいじゃん。」

ズル休み

何もそんなに笑わなくてもと、すっかり落ち込んだ私は、その後、4日間も休んでしまいました。

美容外科に頼らない方法

度重なる出費
それからというもの、そもそもシミができないようにするようにすればよいと、美白化粧水から始まって、次から次へとシミに良いものは何でも試しました。
でも、良いといわれているものを、どんどん買い続けると、すごい出費になってしまうのです。

美肌になった父
そんな時、たまたま実家の父親のシミが、ほぼなくなっていることに気付いた私は、父にどうして薄くなったのか尋ねてみました。
父曰く、「特別に思い当たることはないが、強いてあげるなら、毎晩、ビタミンCの錠剤を飲んでいる、庭でとれたトマトを「干しトマト」にして毎日食べている、
そして、40年吸ったタバコをやめたことくらいかな。」

突然タバコを止めた私
喫煙が肌に良くないのは知っていましたが、愛煙家にとって、タバコをやめるのは至難の業。でも、父の肌の変わり様は、目を見張るものがありました。タバコを止めると心に決めました。

父のお蔭

毎日の生活を大切に生きる
化粧品や外科的なものに頼るよりも、まず、非喫煙者になって、抗酸化作用の高い食品を毎日食べ、ビタミンCをとっていれば、そんなに悩む必要はなくなるかもしれないと、思い立ち、身体を冷やさない工夫をしたり、食生活に思いきりこだわるようになりました。

あれから、7年以上経ちましたが、昔のようにポツポツ増えて出てくることはなくなりました。あきらめないでいて、本当に良かったと思っています。

 - シミ