女性の顔の肌トラブル対処法

女性のそばかす、ほくろ、シミ、シワ、ニキビ、乾燥、毛穴、脂、角栓、赤ら顔などの悩みを解決!お肌のトラブル事の最適な対処法と対策を紹介しています。

いつのまにか増えたシワが少なくなった体験

      2016/08/22

シワは何が原因でできるの?

一番大きいのは肌の乾燥。肌の水分や皮脂の量が変化することでできるシワ。年齢とともに口の周りや額などが一番乾燥ジワができやすいです。

笑ったりするとホウレイ線もシワになるようになり、若いころは良いのですが、加齢によってしわがもとに戻らずそのままホウレイ線で残っていることもあります。
また、日焼けによっても乾燥シワがもとに戻りにくくなりますので、紫外線を浴び続けていると、シワはできやすくなります。

長年の日焼けと加齢によってとうとうシワが

しわが初めてできたのを知ったとき、すごくショックでした。私が一番シワを知ったのは毎日の仕事が夜遅くなり、ふと帰って鏡をみたときに額にしわが言っているのがわかりました。

夜遅くて眠たいのをこらえながら仕事していたため、目が閉じそうなのを必死で開けている姿のおでこにしわが2本~3本。

すごくショックで、その日から正直、笑えなくなりました。当時は30代に入ったばかりの年齢で、まだ若い方なのにもうおでこにシワが何本も…。そこから予防と対策が始まりました。

シワができたら対策と予防は早めに!

しわを見つけたら、早めに予防と対策をしましょう。対策を怠ると、しわが増えることはもちろんのこと、笑った時や何かの表情のときにしわができやすいですから、同じ個所にシワ(皮膚に溝)ができ、それが何度も繰り返すうちに深い溝(シワ)になっていきます。

そうなる前に、絶対早期の対策が必要です。早く気づけば治せます。年齢が原因ではないのですから。

また、予防も一緒に行いましょう。しわができてきたとなると、肌の力もだんだん衰えてきている証拠。これからは自力ではなくて、クリームなどの力を借りて予防していかないとすぐにしわになってしまいます。

保湿クリームとスキンケアを徹底的に

今までは適当にスキンケアしていたのですが、シワを発見してからは念入りに、とくにおでこのしわを伸ばすようなイメージで保湿クリームを寝る前に塗るようにしました。ついでにホウレイ線もできないようにほっぺも伸ばすようなイメージで丁寧にクリームを浸透させるように塗っていきます。

また、少し夜更かし気味だったのを、少しだけど改善し、仕事から遅く帰ったときもなるべく早く寝るという規則正しい生活に変えてみました。そうすると、みるみるうちにシワが減って、疲れた顔もスッキリとするようになってきました。

クリームだけではなくて生活習慣も返ると顔の表情も変わります。今までは好きなものを食べて肥えていたのが、スッキリとなることによって表情も良くなり、おでこのシワが自然に治りました。

それから30代後半になってもおでこのシワはできていません。やはり早期の対策と生活を替えるということが大事だったなと思います。

 - シワ