女性の顔の肌トラブル対処法

女性のそばかす、ほくろ、シミ、シワ、ニキビ、乾燥、毛穴、脂、角栓、赤ら顔などの悩みを解決!お肌のトラブル事の最適な対処法と対策を紹介しています。

ニキビと付き合い続けてきた私

      2016/08/19

私は、中学生のときに初めてニキビができました。そのとき両親からは、「若いからできるんだよ。」と言われ、正直「今だけニキビができるのかな。」と思い、しっかり洗顔をするようにしました。

しかし、高校生になっても、ニキビはできていました。主に、額や鼻下にできることが多かったです。額のニキビは前髪で隠せても、鼻の下のニキビは隠すことができず本当に嫌でした。
特に、友達と話すときは鼻の下のニキビが気になり、手で顔を隠していました。

今考えると、汚い手でニキビを触ったり、つぶしたりしていたので、とてもよくないことをしていたと思います。

皮膚科を受診して、外用薬と内服薬を処方してもらいました。しかし、部活動をしていたため、平日は夜遅くまで練習し、土日は試合があり、病院に通い続けることはできずに、薬がなくなっても病院には行きませんでした。

大学生では、親元を離れて一人暮らしをしだして、バイトも始めました。食事を作らないことも多く、外食やコンビニで済ませることも多々ありました。また、もっと稼ぎたいと思い、夜中までバイトをしました。
その結果、額、鼻の下、頬周りにたくさんのニキビができました。皮膚科に行きましたが、全然効果が出ずに、途中でやめました。接客業をしていた私は、マスクをしてアルバイトに行くこともありました。

社会人になってからは、料理はするようにしました。しかし、夜勤や飲み会などか続くと、頬周りにニキビができていました。このころになると、一度できたニキビはなかなか治らなくなっていました。
そのようなとき、「ニキビがない肌になりたい!」と強く思った私は、皮膚科を紹介してもらいました。そこでは、私にあった外用薬と内服薬を処方してもらいました。

化粧品も変えたいと思い、個人経営のエステにも行きました。そこは、無理に化粧品を売りつけるのではなく、私の肌の状態に合わせて徐々に化粧品を変えていきました。また、肩こりがひどかった私は、マッサージに行き、なるべくリンパの滞りがないようにしました。今でも、自宅や職場で肩を回したり、意識しています。

私は、ニキビについて他の人やインターネットに頼って、正しい知識を持っていませんでした。

そのため、皮膚科に行って、医師からニキビについての説明を受けることで、正しい知識を習得できました。これからも、ニキビがない肌になるように頑張りたいと思います。

 - ニキビ