女性の顔の肌トラブル対処法

女性のそばかす、ほくろ、シミ、シワ、ニキビ、乾燥、毛穴、脂、角栓、赤ら顔などの悩みを解決!お肌のトラブル事の最適な対処法と対策を紹介しています。

顔中に吹き出物。ニキビとヘルペスに悩んだ体験

      2016/08/22

顔中に吹き出物。ニキビとヘルペスに悩んだ体験

私が、初めて顔におできができて悩みを持ったのは、中学生の時でした。むずむずかゆくて触っているうちに赤いぶつぶつができていることにきづきました。そのころは、洗顔をしっかりし、オロナインなどの市販のニキビ用ぬり薬をぬって寝るようにすると、数日で乾燥して治りました。

しかし、社会人になったころ急にニキビと思われる吹き出物が鼻や顔じゅうにたくさん出来てしまい、ショックを受けたことがありました。仕事が忙しく、悩みが多く、食生活が乱れ、睡眠不足と疲労が溜まってきたときに、発症しました。

最初は、鼻水が止まらずで毎回の様にかんでたので鼻を何回もこすってしまうことが続き、洗顔の際に鏡で出て来てしまったに気づきました。鼻水も止まらずの状態だったので何時もなら何か症状があったりするので対処のしようも有ったとは思うのですが、そのときばかりは突発的に現れてしまいました。

いつものニキビだと思いそれまで通りの対処をしても一向に治らず、石鹸類や基礎化粧品類もピリピリしたり刺激があり、しみてむずがゆいのでこまりました。
すぐに病院にいけないでいると、症状がさらに症状がひどくなり、夜になると、かゆくてかきむしることもありました。できものの範囲も指や体に広がり、さすがにまずいと思い皮膚科へ行きました。

ニキビと一緒にできた「ヘルペス」という診断結果でした。

体力が落ちたり疲れたりで免疫が低下したら再発、言う言葉にショックを受けましたし、治りにくいと言うダブルパンチを受けました。
お医者さんやヘルペスによる知識を養うように努め、なるべく規則正しい生活を続け、飲み薬を続ける内に症状はしょうこう状態になり安心しました。

とくにニキビもヘルペスも睡眠時間と寝る時間帯の確保は大きく、翌日の肌に影響が随分変わりました。夜の22時までに寝付いた日は発症がおさまり、仕事など24時ならないとなられなかったり、悩みでよく眠れねい日はひどい顔でした。

ニキビを自己判断で対処していたことと、ニキビという思い込みでなかなか皮膚科へ行けなかったことが症状を重く広げていたと思うと、早期に調べたり、皮膚科に行って正しい知識と治療の努力をすべきだと痛感しました。

 - シミ, シワ, ニキビ, 乾燥, 毛穴, , 角栓, 赤ら顔