女性の顔の肌トラブル対処法

女性のそばかす、ほくろ、シミ、シワ、ニキビ、乾燥、毛穴、脂、角栓、赤ら顔などの悩みを解決!お肌のトラブル事の最適な対処法と対策を紹介しています。

思春期からの継続ニキビを治した体験

      2016/08/19

10代から引きずるニキビ

10代中頃のホルモンバランスが不安定な時期に、それまでつるつるだった肌に徐々にニキビが出来始め、気がついたら顔全体に小さいニキビや目立つ大きいニキビが出来ていました。
それまで特に生活の変化があったわけでもないので、思春期特有のものだと思い、インターネット等でニキビの治し方を色々調べては試す日々でした。

化粧品等はもちろん、半身浴、食品を使ったパックなど、お金はあまり使えませんでしたので、安価で出来る事ならありとあらゆることを試しました。
ですが、なかなか一向に直る気配がなく、家族はみんなわりと肌が綺麗なので遺伝でもなく、一体何が原因なのか、20代前半までよく分からず、化粧で隠すと余計にひどくなると思い込んでほぼスッピンで日々を過ごしていました。

色々試す中で気がついた事

半分諦めながらも、女性としてはやっぱりニキビの無いつるつるの肌に憧れてあれこれと試していました。ニキビが出来て一番嫌なのは、綺麗に洗っていてもニキビがあると清潔感が感じられないということです。

肌は顔の印象をかなり左右するので、ニキビがあることが凄くもどかしかったです。ですが、あることに偶然気がついたお陰で、徐々にニキビが消えて行ったのです!

それは、体内の水分や物質を循環させる、ということです。人間の体も動物も植物も、あらゆるものは全て動いています。一見止まっているように見えても、見えない所でゆっくりと動いています。

実は、母と何気なく話している時に気がついたのですが、私は水を飲んで出す、という習慣が人より少なかったのです!当時10代で学校に通っていましたが、昼食の時に飲むくらいで殆ど水を飲まない、面倒くさがってトレイにも殆ど行っていませんでした!

そんな生活をしていたら毒素が溜まってしまう!と今なら分かるのですが、当時はそういう意識も無かったのです。ニキビは表面的なものですが、体の一部である限り、体全体をケアしてあげなければ根本から治す事は出来ません。

現在は、水をしっかり取って出すことは勿論、適度な運動、バランスの良い食事、インスタント食品は避けるなど、体にとって良い事、食べた物を体で循環させているということを意識しながら生活しています。

今でも完璧!とは行きませんが、10代の頃と比べれば殆ど無くなったと行っても良いくらい改善しましたし、年齢を重ねても綺麗な肌でいられるように当たり前の事を当たり前にするのが、地道だけれど一番大切だという事に気がつかせてもらったなと思っています。

 - ニキビ,