女性の顔の肌トラブル対処法

女性のそばかす、ほくろ、シミ、シワ、ニキビ、乾燥、毛穴、脂、角栓、赤ら顔などの悩みを解決!お肌のトラブル事の最適な対処法と対策を紹介しています。

暑くなろうがクリームは必需品

      2016/08/19

よく暑くなると、べとべとして気持ちが悪くなるだとか、油ぎった顔になるとのことで、スキンケアのラストを締めくくるクリームをつけないという話しを聞きますが、わたしにとって、寒い冬であろうが灼熱の夏だろうがクリームは必需品です。

乾燥しやすい肌のためか、冷暖房のきいたバスや電車の車内や会社では、春夏秋冬、油断すると乾燥します。

水分が足りないからと化粧水を常備して、できるだけつけるようにしても、クリームをつけていなければ乾燥が激しく、目元や口元のしわしわ感だけでなく、普段は目立たないほうれい線がくっきり。
だいだい、夜、クリームを塗らずに寝てしまうと、朝起きときの顔が違うので、まるで使用前使用後のサンプルのようで、メイクのノリもとても悪いのです。

アイラインは綺麗な線上にならない上、まぶたの二重がくっきりせず、つやのないまぶたにアイシャドーでツヤ感を出そうとしても、肌の乾燥が早いので、結局、外出して間もなく、よけいにまぶたのかさつきが目立つようになります。
それだけならまだしも、目元の乾燥はかゆみに発展し、気が付けば目元をゴシゴシと指でこすっていることもあり、アイラインがよりボケてしまい、マスカラとの相互作用で黒い斑点が発生します。

洗顔後に化粧水と美容液をしっかりつけた後に塗るクリームは、わたしにとって、クリームを塗る前に行ったスキンケアの良い成分を、肌に閉じ込めて潤いを与えてくれるような、いわば肌の守護神。
そのため、暑い季節にはとても面倒ではありますが、クリームでしっかり保湿を心掛けているのです。

 - 乾燥