女性の顔の肌トラブル対処法

女性のそばかす、ほくろ、シミ、シワ、ニキビ、乾燥、毛穴、脂、角栓、赤ら顔などの悩みを解決!お肌のトラブル事の最適な対処法と対策を紹介しています。

気をつけたい乾燥肌の洗顔の仕方

      2016/08/19

夏になると汗や皮脂などのテカリで顔のべたつきが気になってしまいます。

外にいる時はあぶら取り紙などで顔のテカリをとるようにしていますが、家に帰ると即効化粧を落とすためクレンジングと洗顔で顔をクリアにするのが私の日課です。

でも、ある時いつもと同じようにクレンジングをし洗顔をした後何となくピリピリ。「アレっ??」と思ったけれどそのままローションからはじまり基礎化粧品を顔に塗ってそのまま夕ご飯を食べてくつろいでいました。
すると顔の頬のあたりが熱く感じたので鏡をみると赤く腫れたいるではないですか!「何これ?」そして痒みもあったためとにかく冷水で顔を洗いました。更に冷えたタオルで顔を冷やしたのです。
そうする事で多少腫れた熱い感じはマシになりましたが赤みはとれません。仕方なく翌朝まで待って皮膚に行く事にしたのです。
皮膚科に行く頃もまだ顔の赤みと腫れはおさまっていなかったので皮膚科医は受診するなり

「接触性皮膚炎ですね。」

と言いました。そして何を顔に塗ったか?顔に刺激をあたえたか?など問診をされたのですが特別いつもと違う事をやってないことを告げたのです。
色々診たあとで言われたの肌が乾燥しているこの時期に肌が弱っていた為洗顔やクレンジングで肌をこすり、そのあと付けた化粧水で肌が炎症をおこしたのではないか。との事でした。

「えー!いつもと同じように洗顔したのに?!」思わずそういうと、私自身少しアレルギーがある為肌が乾燥し弱っている状態でこすったり刺激を与えると接触性皮膚炎になりやすいのだそうです。
それからは乾燥の多いこの時期の洗顔には注意するようにしています。洗顔も刺激の弱いものに変え、クレンジングは目元ようのものと、顔全体のものに分けこすらず手のひらを顔におきしばらく馴染ませるように優しくクレンジングすることを心掛けています。

いつもどおりの洗顔で肌に炎症がおきるなんて思ってもいなかったので驚きましたが、今では炎症もなくキレイな肌でいることができています。

 - 乾燥