女性の顔の肌トラブル対処法

女性のそばかす、ほくろ、シミ、シワ、ニキビ、乾燥、毛穴、脂、角栓、赤ら顔などの悩みを解決!お肌のトラブル事の最適な対処法と対策を紹介しています。

赤ら顔に効果のあるコントロールカラー

      2016/08/22

赤ら顔に効果のあるコントロールカラー

赤ら顔は小学生くらいまで「リンゴほっぺ」で可愛いですよね。でも中学生くらいになると気になる人も多いでしょう。私も赤ら顔で悩んだことがあります。化粧のちょっとした工夫で気にならなくなったことがあります。そのコツをお話しします。

私は普通にしてても赤ら顔です。でも緊張すると更に真っ赤になるので、学生時代は先生にも笑われてしまったことがあります。また顔を少しふせてあげただけでも、真っ赤になります。
社会人になってもお客様の前で真っ赤になったこともあり、化粧で何とかならないものかと思いました。

化粧に詳しい友人に相談してみると、コントロールカラーを勧められました。それまでは普通の肌色のベースを使っていたのですが、グリーンやブルーのコントロールカラーが良いと言われ、試してみることにしました。

最初はグリーン系で試し、次にブルー系を使ってみました。するとベースの色を変えただけで顔の赤みがだいぶ気にならなくなりました。特に赤みが気になる人はブルー系の方をお勧めします。でもあまり量を塗り過ぎると、顔色がかえって悪く見えるので注意です。米粒大くらいで十分だと思います。私も最初は塗り過ぎて、職場で顔色の悪さを指摘されたこともありました。

コントロールカラーだけでは完全に赤みが消えるというわけではありません。でも見た目の印象はかなり変わります。メイクを少し工夫するだけなので、ずぼらな人にもお勧めします。私もこれからコントロールカラーを愛用していきたいと思います。

 - 赤ら顔